M 1 準決勝。 和牛なき「M

⚑ しかし、例年通りといかないのが客席で、当然のようにソーシャルディスタンスの観点から距離をとっての観戦となり、半分は空席という形が取られた。 チケットは即完売となったが、反響を受け映画館やスクリーンが追加された。

🖐 漫才は色んな形があっていいし、だからこそ新しい形が産まれ、進化していくんだと思う」と私見を述べている。 4番手は決勝に進出した「ウエストランド」。

15

🤭 和牛という絶対的な軸を失った今年の大会はどういう展開になるのか。

17

☘ また、インターネット上などに無断転載・共有を行った場合、法的責任に問われる場合がございます。

🖕 2人は最高のパフォーマンスを披露した。 彼は無言で動きながらボケを繰り出す。

4

😄 敗者復活戦で化ける可能性は高い。 このような論争が起きていることについて、コラムニストのはその背景として「2019年の最終決戦が過去最高レベルと言われるほどに笑いを集めたのに対し、その反動とも言えるマイナスのギャップが発生した」「『M-1グランプリ』という番組・イベントが持つ凄みから、賛否両論の分母の大きさが他の番組の数倍あり、共通の話題として書き込まれやすい」「視聴者側からは批判対象を探し出し、誹謗中傷など個人攻撃できる心理が働いている」「ネットメディアがページビューを稼ぐためにそうした批判を集めて、記事化し、そこからさらに批判が増加する負のスパイラルに陥っている」という4つの点が挙げられると分析している。 ちゃんと二人で会話してほしい。

20

👆 漫才もコントもできるお笑い二刀流が増加!?】 さらに特筆すべきは、 滝音、ニッポンの社長、ニューヨーク、ロングコートダディと、 今年の『キングオブコント』のファイナリスト10組中4組のが残っていること。

2

💢 その結果前述の3組がトップ3を保ち、昨年度ファイナリストのインディアンスが勝利した。

😗 毎年勝ち上がる常連組】 まずは昨年の決勝に残ったファイナリストからは、 インディアンス、オズワルド、からし蓮根、ぺこぱ、見取り図、ニューヨークの6組が進出。 ラランド さすがに序盤は重めだったけど、後半から良い感じで笑いが増えていった。

4