バック カントリー。 バックカントリースキーの魅力とは|分かりやすく徹底解説

🤜 という違いがあります。

😭 ゲレンデと何が違うかというと、バックカントリーには登り(ハイクアップ)があるということです。 いくら注意を払っていても防ぎきれないことがある。 ・発生した事故、遭難に対して当スキー場は一切責任を負いません。

10

⚐ スノーボードはスノーシューと呼ばれる道具で歩くことになる。 個人の私有地になっている山に許可無く入るのは厳密には犯罪です(法律に詳しくないのでどういう適用になるかはわかりません)。 ツアー中、ガイドに質問して知識を増やしましょう! 3. 必須 ブローブ ゾンデとも呼ばれる。

15

😊 山スキーで雪崩に会う事故が近年特に増えています。 防水性重視のハードシェルと透湿性重視のソフトシェルなどがあります。 スプリットボードやファットスキーで使用する場合には、固定用ストラップが太い幅にも対応しているかどうかをチェック。

5

🤚 必須 - アバランチギア ビーコン 雪崩で埋没した際の救助に必須(救助する場合も、される場合も)。 慣れないうちはツアーに参加するなど、正しい知識を持つ人に同行してもらいましょう。

19

❤️ ロープ、通信機器(無線やトランシーバーなど)、ツェルト(簡易テント)、シュラフカバー トラブル発生時に体温低下を防ぎます。

6

☎ 澄み切った空気と絶景、感じる達成感。

5

☏ また、雪崩の心配があるため、ビーコン、プローブ、シャベルは個人装備となりますが、レンタルできる場合も多いです。