あいち トリエンナーレ 慰安 婦。 あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」が大炎上 慰安婦像など展示で賛否巻き起こる、津田大介氏「議論のきっかけに」(2019年8月2日)|BIGLOBEニュース

👍 参考までにリンクします()。 今回の展示で、批判の多かった動画作品のひとつだ。

🤜 その中で、美術家の 氏は四肢を切断された全裸の少女の絵などを、写真家の 氏は全裸の男性の写真などを1~2時間にわたりスクリーンに映した。 今年のテーマは「情の時代」であり、 「表現の不自由」もテーマの一つとして掲げております。 9月30日。

6

⌚ 神田真秋さんの功績としてあいちトリエンナーレのほか、 愛知万博にセントレア国際くっこうなど整備を行ったのです。

20

🙏 トリエンナーレにあてられる補助金である文化庁の2019年度「日本博を契機とする文化資源コンテンツ創成事業(文化資源活用推進事業)」採択一覧では、補助事業者名が「愛知県」となっている• 本件は、そもそもそうではない場合なのですから、「検閲の定義が狭すぎる~」などといった議論をする以前の問題です。 多少ナショナリスティックな感想になりますが、今回のような問題含みの作品をあえて展示し、それを続けるというのは、芸術に対する日本の文化的成熟度をアピールする絶好の機会でもあったと思います。 また、このときのような作品展示・運営ルールだとどういう問題があるのか?については、説明の仕方が難しいですが、少なくとも『 公的機関が展示作品のメッセージにお墨付きを与えているという外観』が存在しているのが問題ですので、そこをどうクリアしていくかが今後の課題です。

1

😄 社説は「規制すべきヘイト行為」は「社会全体で議論を重ね、定義づけ、一線を引いてきた」とし、「それに当たらない作品をヘイトと指弾する」のは「暴論でしかない」とした。 8月19日。

🎇 これだけでも日韓関係を刺激するうえで結構な問題になるのですが、 こっちが本当にやばかった。 平成28年成立の(憎悪表現)解消法に依拠するつもりなら乱暴な話で説得力はない。 愛知県や協賛企業が被害者となる、電話での過剰な抗議・脅迫などの不法行為・犯罪行為• 展示内容をめぐりネットでは、表現の自由についての議論が噴出。

5

✍。 【 自分の事は自分が決められる、自己矛盾行為を強制されない】 愛知県を預かるハズの者が、法的主体としての当然の自律的態度を放棄した事案。 彼女は、日本にとって都合が悪いことも、韓国にとって都合が悪いことも、アメリカにとって都合が悪いことも隠さずに語っていく。

11

🐝 いろいろググった。

12

🌭 作品の中に「慰安婦像 平和の少女像 」が展示されたのです。 菅義偉官房長官も、2日の会見で、「補助金交付の決定にあたっては、事実関係を確認、精査して適切に対応したい」などと述べた。

14