風神 雷神 図 屏風。 風神雷神図屏風 京都通百科事典

🤲 尾形光琳と俵屋宗達のように、師弟関係にない者が先人の残した作品から学ぶことを「私淑」と呼ぶよ。 日本にも風神や雷神への信仰は古くからあったが、一対の風神と雷神というモチーフの主要な起源は、やはり中国伝来の仏教美術である 千手観音二十八部衆像、俗に 千手観音曼荼羅とも呼ばれるもので、中央のをとして周囲にを配置した構図であり、主に後期からにかけて流行した。 ふたりの活躍時期は100年ほどの隔たりがあるものの、尾形光琳は俵屋宗達の「風神雷神図屏風」や「松島図屏風」などを模写して、デザイン的な作画法やたらし込み技法などを学んだと言われているよ。

20

😗 受付で拝観料を払うとすぐの部屋に「風神 雷神図屏風」があり度肝を抜かれる人もいるでしょう。 カテゴリー• 宗達は墨に銀泥を混ぜて使用する事で、同一の画面に墨と金という異質な素材を用いる違和感をなくし、柔らかく軽やかな雲の質感を描き表している。

11

✍ 現在では極めて有名な絵であるが、にはあまり知られておらず、作品についての記録や言及した文献は残されていない。 風神雷神への計算 そのほかにも、 屏風を折り曲げたときに両神に屈折した線がかからないように計算されています。

8

👐 検索: 検索 最近の投稿• アーカイブ• 風神・雷神の姿が画面ぎりぎりではなく、全体像が画面に入るように配置されている。 がその作風には彼の得意とした俳諧の感覚に通じる風雅な趣が支配的で、琳派伝統の「たらし込み」の手法も抒情的な草花表現にもっぱら活用されている。 しかし当時すでに著名な画家とされていた宗達についての記録は多く残されているため、描かれた時代はある程度推測できるというわけで、それが寛永だろうということですね。

6

😎 また、『』10巻には、の主・が、9歳の牡牛を屠って作った牛皮の袋にあらゆる暴風を詰めてに渡し、一行が穏やかなの風だけで航海できるように計らう話がある。 「雷神図」の裏には驟雨(しゅうう)にうたれて生気を戻した夏草と、にわかに増水した川の流れを、「風神図」に対しては強風にあおられる秋草と舞い上がる蔦(つた)の紅葉を描く。 白い風袋を抱えた緑色の風神は、煙のような黒い雲に乗って駆け降りてくるのに対し、雷神は、連大鼓を背負い舞い降りようとして見えます。

😆 第249窟壁画() 右上に風袋を掲げた風神、左上にリング状に太鼓を並べた雷神の姿形が見える。 雷神は風神の風袋に代わって、稲妻や雷鳴を呼ぶ太鼓を持っている「雷を司る神」です。

5