特別 支援 学級。 特別支援学級からの進路・進学状況を調査

☯ 「個別の指導計画」とは、障害のある子どもに指導を行うためのきめ細かい計画です。

4

😃 そう感じている親御さんが多いのです。 その場合は教育委員会から就学相談をすすめられ、その上で特別支援学級や通級学級、通常学級から最適なものを選択します。

1

🌭 いざ指導を開始してみると、彼は説明を聞くこと(聴覚的認知)は苦手でしたが、視覚的な情報の理解力は非常に強いことに気がつきました。 義務教育課程を修了していること が必須条件となります。

17

🚒 通級指導は、弱視・難聴・肢体不自由・病弱身体虚弱・言語障害・知的障害・情緒障害等の障害がある児童に加えて、学習障害・注意欠陥多動性障害(ADHD)の障害を持つ子も対象となります。

☯ ここでは、通常の学級とほぼ同様の授業内容・授業時間を定められますが、子どもの病状や発達段階等に応じて下学年・下学部の教育内容が指導されることがあります。

😃 特別支援学校とは 特別支援学校とは、視覚障害者、聴覚障害者、知的障害者、肢体不自由者、病弱者(身体虚弱者を含む)に対して、教育を施す学校のことです。

16

✊ それぞれのメリット・デメリットや55レッスンの受講生からの体験談・口コミをご紹介しますので、参考にしてください。 しかし、親としてはできる限り、お子さんにとって楽しいと思える環境で集団生活をスタートさせたいものですよね。 また、このような交流及び共同学習は、学校卒業後においても、障害のある子供にとっては、様々な人々と共に助け合って生きていく力となり、積極的な社会参加につながるとともに、障害のない子供にとっては、障害のある人に自然に言葉をかけて手助けをしたり、積極的に支援を行ったりする行動や、人々の多様な在り方を理解し、障害のある人と共に支え合う意識の醸成につながると考えます。

16