私 たち は どうか し て いる ネタバレ 58。 『私たちはどうかしている』第58話のネタバレ&最新話。睨み合う椿と多喜川

✌ しかし七桜は大事なお客だと反論し、この400年もの長い年月の間・手を取り合い支え合っていた縁を簡単に切り捨てることはできない…と力強い眼差しと口調で椿を言い含めました。 それは、長谷屋の新亭主・長谷由香莉(ゆかり)、栞の姉でした。 『私が小さいとき、光月庵にいたころ…こんなふうに窓からしょっちゅう外を眺めてた。

2

☢ すると息子の樹を思い出し、みるみる優しい表情になり・・・納得したように話し出します。

17

💕 驚き理由を尋ねた七桜に、 『取りにきたんだ 忘れものを』…と、椿は答えます! 女将から電話があっていたようです。 光月庵を守ると椿と約束をしたのです。

😁 一方、椿は夕子と酒を飲んでいました。 そこで大旦那さまに、父と母が大切にしていた光月庵が欲しい、ここで御菓子を作りたい、と訴えるのです。 やっぱり椿は着物を着てここにいるのがしっくり来るなと思うと照れ臭そうに答えます。

❤️ 七桜のこと本気だから、もう君とは会わないと断る多喜川。 驚く七桜!! 七桜は、勝負に勝った。 そんななか、七桜に客人がやってきます。

12

💔 バカバカしい…と相手にしない由香莉に、最初からそう言うと思っていた多喜川は、うん…と答えその場を去りながら、だから由香莉とは一緒にいられないと言い残し行ってしまいました。

20