神棚 処分。 神棚の扱い方とは?置く場所/お供え/処分方法について解説します!|DMMのお坊さん

🤔 以下、一般的な神棚の処分方法をご紹介します。 「神の前では人は平等」というのが、神道の原則だからです。 こうした神具はお住まいの自治体のルールに従って、処分しましょう。

7

👊 したがって、「特にご祈祷などは必要ない」ということです。

💓 粗末な扱いをして、罰が当たるようなことがないようにしましょう。

☎ なによりも大切にしなければいけないのは「お札」です。 さいたま市での処分方法 例えば、さいたま市では燃えるごみの収集日は一週間に二回あります。

⚡ 神棚の買い替えを検討している場合は、古い神棚を処分してくれるか聞いたほうがいいでしょう。

17

💙 この記事が自分に適した神棚の処分方法を選ぶ際の、一つの基準となれば幸いです。 その場合には、自治体の処分方法に合わせて一般ゴミとして出すこともできるでしょう。 抜いたお神札は神社の古札返納所(納札所)に返納します。

🙂 神棚とは 「神棚には神様がいるのよ」 そう言われた経験を持つ人も少なくないでしょう。 この方法は、最初にお経を唱えた後にお清めの塩を振ります。

🚀 御神札は、いわば神様の御分霊。 神様をお祀りしてあるだけに、そのまま捨ててしまってよいのかどうか、よくわからないですよね。

15

☢ 伊勢神宮が、 「式年遷宮」で新しくするのは、 「神様のいる場所は常に清浄でいなければいけない」と考えられているからだそうです。 こちらも、より丁寧に扱いたい場合は、 お焚きあげを行ってもらうと良いでしょう。 家の中でおまつりするために設けられたのが神棚です。