トランプ 逆転。 バイデン氏「三日天下」の可能性 消せない不正選挙疑惑、トランプ氏大逆転は最高裁判決が鍵 大原浩氏緊急寄稿 (1/3ページ)

👆 この作業には各州が独自に定めた期限があり、すでにいくつかの州は作業を終えている。

2

😆 もちろん、トランプ氏に有利に働いた訳です。 国際ジャーナリストの春名幹男氏は言う。

20

😎 「オハイオ州は有権者の構成が米国全体の縮図となっていて、大統領選はつねに激戦。 また、ホワイトハウス補佐官のマーク・メドウズ(Mark Meadows)はツイッターで「ネバダ州裁判官は共和党議員が、12月3日、 公聴会で広範な選挙詐欺に関する調査結果を発表できるよう許可した。

17

✇ テレビ討論会アドバイザーのコロナ感染 第5に、トランプ氏のテレビ討論会のアドバイザーであるケーリアン・コンウェイ前大統領上級顧問と、クリス・クリスティ前ニュージャージー州知事が新型コロナウイルスに感染したことです。 「ゴア側は接戦となった最後のフロリダ州で手作業による再集計を求め、州の最高裁もこれを認めました。 まさに「大ブーメラン」である。

💓 それと同時に、トランプ弁護団の大物弁護士も相次いでメディアのインタビューを受け、選挙のを分析し、調査の進捗状況を述べています。 最も期限が遅いのはカリフォルニア州で12月11日だ。 だが、軋轢を煽ることで圧倒的な人気を誇ってきたトランプ氏の命運が、いまや風前の灯火なのは事実。

😈 また、各州の開票結果は、12月8日までに確定しなければならない、と法律で定められている。 連邦最高裁が12月12日にジョージ・ブッシュ氏勝訴の判決を下すまで「ゴネ」たのだ。

20

💙 双方が約245万票を獲得したものの、その差は1600票ほどしかないと報じられました。

6

🤙 では、どのような人が資産凍結されるのでしょうか?大統領令の第2項には、「アメリカの選挙に直接または間接的に関与、後援、隠蔽またはその他の形で外国からするもの」と説明されています。

11

🤩 選挙人は全国に538人。

13