納骨 服装。 納骨式での、正しい服装と香典のマナー

⚠ 靴・バッグ・数珠といった持ち物は、ネット通販でも探すことができます。 お墓が歩きやすい平地にあるとは限りません。

😜 納骨式の男性の服装で、ネクタイは? 納骨式での男性の平服は、スーツにネクタイとスタイルが決まっているので、女性に比べて迷うことは少ないと思います。 。 平服とは、普段着のことを指していますが、地味な色合いの服装が望まれます。

💓 半紙の中包みに入れ、奉書紙で慶事の上包みの折り方をするのが最も丁寧な形ですが、市販の白い封筒で構いません。 家族のみといっても、ドレスコードを合わせることは、主催者への敬意を表すことにもつながるマナーであるため、不安を感じているのであれば年長者に確認しておくと良いでしょう。 ストレスにならないような服装やトイレに行きやすい服装に気をつけながらも、可能であれば黒やグレーといった落ち着いた色合いの服装で参加するようにしましょう。

12

✆ スカートなら丈は短すぎないもので、パンツでもかまいませんよ。

🐾 もしその時点でお墓や納骨堂のお仏壇など、遺骨を納める場所の用意が無い場合は、百か日や1周忌と言ったタイミングで行う事もあります。

6

😘 平服といわれた場合 納骨式に平服で参加するようにといわれた場合、カジュアルすぎたり派手な色合いの服装で参加していいというわけではありません。 以下の記事もぜひあわせてお読みください。 しかし、夏の暑い時期に納骨式を行った場合、黒い喪服や平服を着用して、暑い日差しの中で納骨式を行うことは非常につらいものがあります。

6

✋ けれども、実際には意外と あっという間にやってきます。 守るべきポイントは、 他の参列者と格式を合わせることです。 うやむやにすることなく、礼儀やマナーを守って参加するようにしてください。

17

🖐 永代供養での服装 まず、四十九日の法要と永代供養の納骨式の法要が一緒の場合は、 参列者は親族の方だけでなく、一般の参列者の方もいらっしゃることが多いでしょう。 「期限付き納骨」という形で、最近では利用する方も増えて来たようです。 納骨式の服装で注意するべきこと 冒頭でも触れたように、冠婚葬祭などの儀式へは年に数回も参加するものではありません。

1

👈 腕や足を極端にさらすような服装は避けると同時に、男性は基本的に上着を着用しなければなりません。 ・香典・ふくさ ・数珠 ・ハンカチ(黒か白) ・予備のストッキング(女性) ・履き替えるための歩きやすい靴(女性) 基本的な持ち物は、通夜や葬儀のときと同じです。 執り行う時間については厳格に決められているわけではありませんが、宗教者や参列者の都合が合う時間帯で、会食を予定している場合は昼食や夕食の前に行うのが一般的です。

6