額田 王。 2人の天皇に愛された飛鳥時代の歌人・額田王の波乱の生涯とは?

⌚ 額田王の生涯は、現在も謎に満ちていますが、当時最高の権力者であった天皇や皇太子のそばで、政治闘争の間に身を置きながらも、第一線で活躍しつづけた、類まれなる女流歌人であったことは間違いないことでしょう。

7

😈 【補記】天智六年 667 の近江大津宮遷都に際し、古京飛鳥を去るに当たっての作。 その下の裳は、目の冴えるほど明るい黄蘗色(きはだいろ)。

19

🤘 686年 — 40〜50歳代「3人目の夫と結婚」 中臣大嶋の妻になる 三度目の結婚をする 686年、天武天皇が崩御されます。

18

⚡ 大海人皇子の兄・中大兄皇子 大海人皇子には、中大兄皇子 のちの天智天皇 という兄がいました。 スポンサーリンク かなり自分勝手な解釈です。

11

👐 どう少なく見積もっても、この時すでに四十歳になろうとしている額田王に対して、天武もさるもの、『にほへる妹』などと、しっぺい返しをしたのである」。 いずれも天武・天智天皇との三角関係を美しく描いた作品です。

16

🙄 誰かに向かって「袖を振る」ことは当時、愛の告白を意味していました。

16