住民 票 本人 以外。 住民票は本人以外でも取れる!【家族・知人による代理取得と委任状】

♻ 不現住・不在籍証明書の交付申請 窓口 および1階戸籍住民窓口 申請の際には、本人確認書類(本人のマイナンバーカード・健康保険証・運転免許証・パスポート等)の提示が必要となります。 ご本人の住所あてに郵送します。 と認め印をお持ちになり、必ずご本人が受け取りにおいでください。

14

😀 以下のとおり、委任状への「直筆での記載」と「押印」が必要です。

💢 なのでそういった不正を防ぐために 代理で取りに行く場合は、委任状というものが必要になります。

4

⚒ 戸籍謄 抄 本 本人又は同一戸籍にいる方に限り交付されます。 代理人の名前・住所・連絡先• が、会社が住民票を取得する場合、使用目的にあった必要最低限の情報しか提示されないですし、そのような手続きをするレベルの人であれば住民票でなくても他の手続きの資料や履歴書などから住民票以上の情報を手に入れることも可能でしょうから心配するならそこからな気が個人的にはします。 第三者が住民票を取得できるか簡単にまとめ 簡単にまとめると抑えて欲しいポイントは以下の2つだけです。

2

🤫 窓口に来る人の本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード など)• 法人の場合は、「」を参照してください。 請求時に 使用目的、 提出先をご記入いただき、 「交付請求書に記載の使用目的以外には使用しないことを誓約します」旨の一文及び請求者氏名を様式の余白に記入してください。 お亡くなりになった人の住民票の除票には、個人番号(マイナンバー)や住民票コードの記載をすることができません。

6

😗 運転免許証など顔写真のついた本人確認できる書類をお持ちください。 代理人の顔写真付きの身分証明書(免許証など)• 2 対象者との関係が分かる疎明資料 契約書および債務残高証明書等、請求者と対象者との関係が分かり、請求が正当であることが分かるものを 複数ご提示ください。