生姜 焼き レシピ 人気。 お店みたいにやわらかジューシー!肉を縮ませないための豚肉生姜焼きの科学

🍀 お好みで千切りキャベツを添えてお召し上がりください。 基本の生姜焼きのレシピ・作り方まとめ 子供から大人まで人気で日本人なら欠かせない「生姜焼き」。

8

🙌 キャベツ(千切り) 適量 科学1:肉は豚ロース肉を選ぼう! 肉質や成分の観点から見ても、ジューシーで美味しい生姜焼きを作るには豚ロース肉を選びましょう。 片栗粉 大さじ 1• キメが細かい。 豚ロース厚切り肉は筋に4ヶ所ほど切り込みを入れ、両面に塩こしょうをふって片栗粉をまぶす。

👆 さらに 片栗粉をまぶすことででんぷん質が豚肉をコーティングさせ、 加熱したときに旨味を逃がさず柔らかく、よりジューシーに仕上がります。 しっかり濃いめのタレはご飯が進むこと間違いなし!わかりやすいタレの分量なので、一回作れば次からはレシピ要らずで作れますよ。

16

😒 《作り方》 1. 科学2:お肉を反らせない事、そして旨味を閉じ込める。 A 酒 大さじ1• 塩こしょう 少々•。

3

😃 A しょうゆ 大さじ2• 豚肉のおかずの定番といえば生姜焼き! 大人から子どもまで皆大好きです。 のフライパンを中火で火をつけ玉ねぎ(スライス)を入れしんなりしてきたら Aを入れて沸騰したら2. 生姜をすりおろし、 絞り汁は豚ロースに料理酒(浸ける用)と一緒にすり込んで10〜15分程度浸ける。

5

☭ 味の好みだけでなく、上記のことからも一番生姜焼きに適した部位と言わています。 料理酒(浸ける用) 大さじ1• 色々な作り方がありますが、間違えると肉が固くなったり、味が薄すぎ、濃すぎなど意外と失敗も多いもの。

10

📱 味がぼやけないようにしっかりと煮詰めるのがポイント!豚肉をタレに絡めながら煮詰めましょう。 材料(2人分)• シンプルですが豚ロースの特徴を上げると、• ぜひ全部同量の黄金比を覚えてみてくださいね。 また、ふちの脂身の部分も旨味が凝縮しています。

17

👌 下準備・下ごしらえ 豚ロースを生姜の絞り汁と料理酒で浸けることで、臭みがなくしっとり柔らかく仕上がります。 赤みと脂身の間にある半透明の部分を筋といい、その部分に切り込みを入れてあげることで筋繊維が収縮せず加熱したときに反らないため、見た目も美しく、ジューシーになります。 熱々のフライパンに肉をいきなり乗せると筋繊維の収縮率が 100%になることに対して、 フライパンに肉をのせてから火をつけると収縮率が50%まで低減します。

14

😔。

7