ロマネ コンティ リ ゼロ。 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ

🤞 特に過激派に属し、魔女教でも最高戦力の一人レグルスには全く歯が立ちません。 聞くやいなやプリシラは激昂していたが真相は不明。 コルトンはプランス・フローラン・ド・メロードから3区画を借りて、コルトン・シャルルマーニュはボノー・デュ・マルトレから畑を借りています。

10

😂 この隣接する畑がリシュブールです。 この項目は、に関連した です。

10

😀 各評論家からも高評価で、ワインスペクテイター誌が発表する2013年TOP100ワインにて第3位、ピノノワール部門では第1位に輝いています。 約100年前は魔女教の中でも、いわゆる穏健派の立ち位置にいた彼は、エルフの村で幼き頃のエミリアと出会います。 こちらはロバートパーカー氏が98点をつけており、オークションでも超高値で取り引きされています。

15

🐲 毎年生産される量はたったの5,500本。 ロマネ・コンティのブドウ畑は最高の自然条件を兼ねそなえた恵まれたテロワールですが、今日のワインの名声は、長い歴史の中でワイン造りに携わってきた多くの人々の絶え間ない努力によって得られたものなのです。 17世紀、 コンティ王子が取得したクリマがロマネ・コンティと改称された頃から、ヴォーヌ・ロマネのワインは評判を呼ぶように。

13

🎇 ラ・ターシュは凶作の年でも美味しく、1950年と1951年にはこの会社で瓶詰めされた唯一のワインとなりました。 また、徹底した収量制限をしていることでも有名です。 このワインをオークションに出したのは、メゾン・ジョセフ・ドルーアンの当主 ロベール・ドルーアン氏。

🎇 これはもちろん、名だたるブルゴーニュワインを押しのけて世界一のピノノワールとして評価された事になります。

10

⚐ ワインの流通は複雑で、ロマネコンティなどの有名ワインは毎年決められた割り当てが昔から決まった仲買業者などを介して世界中に販売されていくシステムなので買い占める事は事実上不可能ですが、もし仮にロマネコンティを買い占める事が出来たら、例え1本300万円の価格だったとしても、その総額は180億円。 ロマネ・コンティほどの豊潤さは持ち合わせないものの、ミュジニーと比べればラ・ロマネのほうが抑揚に富み、かつ堅牢と思われる。

5

☘ この醸造所はデュヴォー=ブロシュの時代から隣接する4ヘクタールのレ・ゴーディショのブドウ畑をすでに所有しており、1936年の相続問題の後、この畑とラ・ターシュを合わせてラ・ターシュの「グラン・クリュ・」とした。 開放式桶で発酵。 これからもどうぞよろしくお願いします。

11