水質 汚濁 防止 法。 工場・事業場に対する排水規制・指導

♻ ただし、当該施設が指定地域特定施設となつた際既に当該工場又は事業場が特定事業場であるとき、及びその者に適用されている地方公共団体の条例の規定で第1項の規定に相当するものがあるとき (当該規定の違反行為に対する処罰規定がないときを除く。

20

👆 前述したように、水質は一度汚染されると浄化に時間と費用がかかります。 ア 貴社が合流式の排水区域内にある場合・・・ 下水道法及び公共下水道管理者が制定する下水道条例による指導、規制等を受けます。 排水監視の徹底と新たな公害防止体制 [編集 ]• )の当該施設を設置している工場又は事業場から地下に浸透する水で当該施設に係る汚水等 (これを処理したものを含む。

12

☕ )第5条の規定による届出をした者であって設置の工事に着手していないものを含む。

16

🚒 及びその化合物 - 及びその化合物 - 及びその• この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 その他 このあらましは、春日井市の法令解釈、届出の記入例を示したものです。 水質汚濁防止法の性格 [ ] 水質汚濁防止法は、その名前から水質汚濁防止の基本法のように誤解されることが多いが、規制対象の施設や排水量等により、限定的に適用される規制である。

2

🤞 そのための費用や時間は惜しまないようにしましょう。 第3条 この法律の施行の際現に工場若しくは事業場において新法第2条第8項に規定する有害物質使用特定施設 (以下 「有害物質使用特定施設」という。 )に届け出なければならない。

👆 第1章 - 総則(第1条 - 第2条)• 水質事故の場合、河川管理者や関係機関が行った対策・処理について、原因者に費用負担を求めることができるとしている(第67条)。 記入例• 4 改正後の条文• メチルチウラム(別名)• )について、指定項目で表示した汚濁負荷量(以下単に「汚濁負荷量」という。

🤭 (参考1) (参考2) (参考3) 項目 概要 測定項目 排出基準が定められた項目のうち、特定施設設置 使用、変更 届出書の「排出水の汚染状態」を記載する欄により届け出たもの 測定頻度 年1回以上(注) 測定時期 排出水の汚染状態が最も悪いと推定される時期・時刻 記録 に計量証明書等を添付して記録。

8