ベタ 病気。 熱帯魚の病気「エロモナス(エロモナリス)感染症」の症状と対策

😙 体に白カビのようなモノが見られます。 主な原因は、体が流木など固いものにぶつかったときに出来た傷口から細菌が入り込むことで発症します。

🤐 卵が孵化して生まれたばかりの稚魚は小さすぎて人口餌を食べることができないので、小さな小さなエビの仲間[ブラインシュリンプ]を沸かしてあげましょう。 ) そして、しっかり元気になるまでは、週一で1/2水換え、投薬の繰り返しになります。 同病原菌は水中常在菌で、ベタの免疫力が正常なら発病しません。

20

💅 薬浴による治療 メチレンブルーという金魚や熱帯魚の病気を治療するための薬です。 ・ポップアイは片目だけ引っ込む日も時々ありますが、両目が落ち着くことはありません。 よく淡水魚飼育で言われるのは、水質です。

✊ 低水温下で発症しやすい。 上がれたとしてもその後かなり疲弊している様子で、頻繁な呼吸はできないようでした。

1

☢ しかし、我が家に到着したばっかりのメスが1匹、尾腐れ病みたいに尾ひれがボロボロになっていたので、薬浴中ではありますが・・・ それから、メスがどれくらいおなかが大きくなったら、交配OKなのかも、よくわからず ネット検索してみましたが、メスのおなかのおおきさに、一定の基準がないのか、見本写真などを見つけることができませんでした。 段ボールや発泡スチロールなど 保温性に優れた容器に水槽を入れ、 その周りにいくつか置くようにすると より保温効果を高めることができますよ。

👇 長文でごめんなさい。 ここから1週間の薬浴です。 治療にはフラン剤系の治療薬が有効です。